第1回 3歳のイヤイヤ

今月のテーマは、<3歳のイヤイヤ>です。

配信年月:2017年初頭

1. 3歳のイヤイヤ

2歳から「イヤイヤ期」(第1反抗期)が始まります。3歳になると、ますます自己主張が強くなってきます。何でもイヤと言われて困ってしまうこともありますよね。でも、これは自我が育っている証拠でもあるので、まずはそのことを喜びましょう。

とは言っても、反抗期の子育ては大変です。毎日「イヤ」が繰り返されると、お母さんもイライラしますよね。日々、説得したり、別の提案をしたり、注意をそらしたり、騙したり(?)いろいろ工夫されていると思います。

2. イヤイヤをどうする?

子どもの心理の研究から言われているコツは、子どもの気持ちに耳を傾ける、ということです。子どもの言いなりになるという意味ではなくて、「もっと遊びたいのね」とか「疲れたね」など、「イヤ」と言いたい理由は分かったよ、こういう気持ちなんだねということを、まず言葉と態度で伝えます。

このような対応をすると、結果的に希望が通らなくても、子どもは「お母さん(お父さん)は気持ちを分かってくれる」という安心を感じます。また、気持ちの表現方法(ことば)を学び、徐々に自分からことばで感情を表現できるようになります。そして最終的には、自分の思い通りにならない場面でも、自分で気持ちのコントロールができるようになっていくのです。

もちろんすぐには子どもの反応は変わらないかもしれません。でも、子どもが感じていることに対して親がことばを添え続けると、それは子どもの中に蓄積され、気持ちを表現できる子どもに育っていきます。

ぜひ試してみて下さい。

3. 参考図書

  1. 中島誠, 岡本夏木, 村井潤一.シリーズ人間の発達7 ことばと認知の発達.1999.東京大学出版会.
  2. 佐々木正美.あなたは人生に感謝ができますか?エリクソンの心理学に教えられた「幸せな生き方の道すじ」.2012.講談社.