A06-1

吃音であるかどうか

ここに書かれた症状は、「せ」を4回ほど繰り返しているので、吃音らしい症状ということになります。ただ、誰でもひどく緊張するとこのような言い方になることがありますので、1回きりのことであれば吃音とは診断しません。また、幼児期はことばのいろんな側面の発達のバランスが一時的に取れなくなって吃ることもよくあります。短期間の吃りの症状は幼児の4割程度に見られるという研究もあり、それだけでは「吃音」という診断にはなりません。専門家が吃音と診断するのは、半年程度経っても吃音らしい症状が頻繁に見られる場合です。

ご相談いただいた症状は、「吃音らしい」ということは言える、ということになります。お子様の話しぶりからは、1回のことではないようにも思われますので、それが半年以上にわたって見られているようなら、〇〇くんには吃音があるかもしれません。

<次のページへ>